夫婦で楽しむ、おすすめ家呑みワインブログ〜味ノート〜

ただの酔っぱらいにならない為の味見帳。

*

2016年も買いたい!2015年に飲んで忘れられない味のおいしかったワインベスト10

      2016/11/06

4d87f0596119353661575b78b78a22a6_sなんだかんだでこのサイトを始めてもうそろそろ1年近くなる。途中、書くのが面倒でスマフォにメモだけしていた時期などもあるので掲載されているのは50本くらいなんだが、実際は100本以上は呑んだ。

で、それだけ呑むと素人なりにも比較対象が増えてきて、自分の好みの味筋やら感動的な味わいという物を何本か味わえていたりもする。そんなわけで少ないなりの経験値から初心者が呑んでうまかったワインをベスト10形式でご紹介!

【 評価のポイント 】
・大事なのは「感動の総量」である。
1.味わい
2.ブランド、生産者のこだわり
3.ラベルのデザイン
4.そして値段

・前後に呑んだワインの影響も思いっきり受けている。
その組み合わせでも評価が変わると思う。

・ここに載せている10本は手に入るならば今年も買いたいとマジで思っている。

スポンサーリンク


ジョスメイヤー・アルザス・ピノ・グリ[2011]年・ジョスメイヤー・エ・フィス・エコセール認定・AB認定・自然派・ビオディナミ・ヴィオディヴァン加盟JOSMEYER Alsace Pinot Gris [2011] Josmeyer & Fils (Bio)
価格:2138円(税込、送料別)

 

10位 ジョスメイヤー / アルザス・ピノグリ2011
うちの嫁の好きな銘柄で、結婚記念日やら誕生日やらに毎回使っているワインでもある。実際に女性ウケする華やかなフローラル系で、スッキリとしつつもエレガントな香味はとても印象が良かった。赤ワインと違ってお歯黒にならないのも女性ウケするポイントかもしれない。フランスワインではあるが、アルザスという日本で言えば北海道的ポジションの銘柄で少々マニアック路線。ちなみにビオワイン。

 

9位 デ・バルドス / アルツ・ミティカ2006
天使の彫像ラベルが印象的なモダンでマッシブな濃厚系ワインとして記憶に残った一本。このアルツシリーズは他にも何種類か出ていて、上級版のアルツ・スプレーマも呑んだけれど、結局ミティカが一番好みな味わいだった。高い=好みのワインとは限らないというのを痛感した一本でもある。濃厚でフルーティーでガツンとくるパワフルな赤が呑みたい!という時に重宝する一本。ただ、スタイル的にモダンな方向性なので古典的ボルドーの濃厚さをイメージすると失敗するかもしれない。→他銘柄だけど、アルツ・エピカの感想はこちら

 

8位 ボデガス・マツ / エル・ビエホ・デ・マツ2010
9位に続いての和泉屋さん銘柄である。実は和泉屋さんでセットものセール価格ではなく、単品プロパー価格で初めて買ったのがこれである。ラベルが特徴的で、青年のラベルと壮年のラベルとこのおじいちゃんラベルで3段階に別れている。その中の1番良いヤツ。1番良いヤツといっても1万円切っているのだが、ワイン呑み始めの頃の1万円近いワインなんてハッキリ言って高すぎてアホかと思っていた。今では3万のワインを買おうか悩んでいる。馴れとは恐ろしいものだ。。。

ちなみに肝心の味わいは9位のアルツシリーズに通じる濃厚さにもっと奥深さを与えてスパイシーさや土っぽさなど色々な要素が混ざってくる感じ。じっくり飲むのに向いている濃厚な赤ワインである。是非また飲んでみたいものである。

 

7位 ジャン・ルイ・シャーブ / ルージュ・モン・クール2013
ローヌの凄腕ジャン・ルイ・シャーブの入門編とも言うべき一本。もう少し上級のエルミタージュ・ファルコネもすこぶる美味かったのだが、お値段と初めて飲んだ時の感動からこちらを推したい。赤ワイン初心者で自分の好みすらよくわからないけれど、とりあえず美味くてお手頃な価格のヤツを飲みたい!というワガママな方におすすめしたい。2500円という価格以上の価値はあると思う。濃厚ではあるが実にバランスの良い味わいであり、ブルゴーニュとボルドーの中間的な味わいなので味の指標的なポジションだと思っている。→このワインの感想はこちら

 

6位 モリー・ドゥーカー / ザ・ボクサー・シラーズ2013
コミックラベルの変態ワイン。濃厚の上をいく濃厚さのカルトワインであり、ワイン飲んでいるっていうかフルーツたっぷりのチョコレートケーキを口にぶちこまれる感じである。ふざけたラベルではあるが、間違いなく記憶に残る一本。→このワインの感想はこちら

 

5位 ラウル・ペレス / ウルトレイア・ペトラ2011
和泉屋さんで買いまくっていた頃に呑んだ中で1番うまかったヤツである。ワインの美味さは甘味・酸味・苦味・渋味・旨味の5味以外にも香味という6番目の要素が重要なんだよ!っていうのを教えてくれたワイン。開栓すればそこは青山フラワーマーケット!1本1万円クラスだけあって、たけぇワインは違うんだなぁ・・・と思い知らされた。毎月とかは呑めないが、年に1本くらいは呑みたいワインでもある。→このワインの感想はこちら

 

4位 アルヘイト・ヴィンヤーズ / カルトロジー2013
南アフリカのシュナン・ブランを4位のこの位置に推したい。これはもう、値段といい内容といい感動の総量という評価でいえば申し分ないものだった。白ワインにしてモンブランのような栗の香りとブリオッシュやトーストなどのバター感。なるほど、高級な白ワインってこういう味なのか!と教えられた白ワインでもある。メディアにも載ってしまい評論家筋も高評価連発しているので市場から消えるのが早いのが難点。実は既に次年度ヴィンテージの2014年版を2本ストックしてあったりする。→このワインの感想はこちら

 

3位 ラルコ / ロッソ・デル・ヴェロネーゼ2010
記念すべき1本目の投稿に選んだ思い出のワイン。去年は結局この同じ銘柄で3本呑んだ。他にもラルコのヴァルポリチェッラも呑んだし、正月にはアマローネも呑んだのだが、味わいと値段のバランスからロッソ・デル・ヴェロネーゼを推したい。というか、ラルコの場合はこのエントリークラスの1本が充分にうまいので、こいつとアマローネの2本あれば他はいらないんじゃないかとすら思う。エントリークラスの1本にして、ミドルレンジの他のヴァルポリチェッラ銘柄の存在感を薄れさせちゃうくらい完成度が高い。ちなみに楽天では在庫全滅。調べた限りネットではほぼ売り切れである。今年も絶対に買いたい。→このワインの感想はこちら

 

2位 リンクリン / ミュラー・トゥルガウ・トロッケン2014
2015年に赤白あわせて1番呑んだワインである。実に5本。作り手別にすると3位のラルコを1番飲んでいるのだけれど、同一ヴィンテージの同一ボトルの数ではリンクリンの白が1番だった。とにかくきれいな酒質でほぼあらゆる料理にあわせられるし、冷やして飲んでアペリティフから食中酒まで大活躍。飲み口も良いのでマグナムボトルがあったとしても飲み切れそうな感じだ。しかも安い!今年はマジでケース買いを検討している。→このワインの感想はこちら

 

1位 クリスタルム / ピーター・マックス・ピノノワール2013
ベスト10の1位は南アフリカのクリスタルムのピノ・ノワールである。上位版のキュヴェ・シネマやキュヴェ・マバベル、キュヴェ・パラディサムも飲んだけれど、あえてエントリークラスでありクリスタルムの中でもっとも価格の安いピーター・マックスを1位に推したい。正直言ってこの価格で太刀打ちできる生産者はほぼいないと言ってもいいくらい、去年呑んだピノの中では群を抜いて美味しかった。ワインは生産地×生産者×品種×醸造方法×流通なんかの複合的な要素で味が決まってくるというのを思い知った1本でもある。今年もすでに2本ストックしてある。クリスタルムのワインはぶっちゃけどれも相当うまいので、ボルドーみたいな濃厚系が好きならパラディサムを、白が良いならジ・アグネス・シャルドネを、ピノ好きにはキュヴェ・シネマが1番人気だがあえてのキュヴェ・マバベルも良いと思う。→このワインの感想はこちら

この記事は本当は正月に書こうと思っていたので、2015年の1年間で呑んだ中から選抜した。まとめてみて改めて自分の趣味志向が思いっきり出てると思う。2016年もすでに4月も終わりかけで、この時点で今年のベスト10候補も既にいくつか出てきている。バシュレ・モノとダニエル・バローの白は本当にうまかったし、ドメーヌ・ポンコツのジャロピーもかなり良かった。ゴンザロ・ゴンザロもコスパ的には相当うまいが、印象としてはあと一歩かなぁ・・・なんて。こう書いていると白ワインばっかりなので、今年後半にかけてはもう少し赤ワインもあけたいところではある。

なんにせよ、知らぬ世界を知る為には経験のサンプル集めて比較するのが手っ取り早いのは、ワインに限らずどの世界も似たようなもんだなぁ。

 - ワイン, 白ワイン, 赤ワイン , , , , , , , , , , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

二重の封蝋にリボン巻きのプレゼント向け王道ピノ。クラウズ・エステートのピノ・ノワール2014

CLOUDS Pinot Noir 2014 / CLOUDS ESTATE タ …

南アフリカの安旨濃厚デイリー赤。A.A.バーデンホーストのセカトゥール・レッド2013

A.A.Badenhorst 2013 Secateurs Red Blend …

「私の心」と名付けられたフランス屈指の良心価格ワイン。ジャン・ルイ・シャーブのコート・デュ・ローヌ・モン・クール2013

Jean Louis Chave Selection Cote du Rhone …

年明け一本目にふさわしい貫禄の味わい。やっぱり凄腕!ブーケンハーツクルーフの7つの椅子ラベル。ステレンボッシュ・カベルネ2014

Boekenhoutskloof Stellenbosch Cabernet S …

ポンコツ車は見た目だけ。中身はスーパーカーな味わい!ドメーヌ・ポンコツのジャロピー2015

タイプ:白-スッキリエレガント 抜栓日:2016.04.11 生産国:日本 / …

南アフリカのミスターシュナンブランが作るお手頃シュナンブラン。ケンフォレスター プティ・シュナン・ブラン2014

PETIT CHENIN BLANC 2014 / KEN FORRESTER …

パリスの審判でフランスを負かしたアメリカワイン。その醸造元が作る、アメリカンエリートな味わい。ハンズ・オブ・タイム2012

HANDS OF TIME Red 2012 タイプ:赤-濃厚フルーティー 抜栓 …

和泉屋90周年アニバーサリー・シラー 2013 /エスペルト

90Aniversari Syrah 2013 ESPELT タイプ:赤-スッキ …

カリフォルニアの怪人が作るピノ・ノワールの完成系にして最高コスパのカリピノ!オー・ボン・クリマのイザベル2013

Au Bon Climat Pinot Noir Isabelle 2013 タ …

バリューラインなれど侮れぬ渋旨ワイン。シャトーロックモリアックのグランヴァン2010

Chateau Roques Mauriac 2010 タイプ:赤-濃厚スモーキ …