夫婦で楽しむ、おすすめ家呑みワインブログ〜味ノート〜

ただの酔っぱらいにならない為の味見帳。

*

家でワインを飲むなら絶対必要なソムリエナイフ(コルクスクリュー)。Pulltex-プルテックス-の高いヤツと安いヤツを比較してみた。

      2017/01/06

170105_corkscrew_12017年1本目のワインを紹介する前に、ずっと温存していたワイングッズ紹介レビュー記事をアップしておこうと思う。

第一弾はソムリエナイフ!コルク抜きである。これがないとコルクはあけられないので、コルクのあるワインには必需品。そして必需品の割に価格がピンキリであり、何がどう違うのかがわかりづらい。色々とWEBを漁ったがお店の紹介記事はメーカーの広告文をそのまんま載せているヤツばかりで結局よくわからなかったので、実際に購入して使ってみての人柱記事である。

ちなみに今回比較するのは写真の下2個のソムリエナイフ。写真右上みたいな回して抜くだけのシンプルなヤツも簡単で良いのだが、スクリューが短いと長いコルクのワインには太刀打ちできずに途中で折れたりする。悪い事は言わないので最初に買うならソムリエナイフ一択。理由は後述するが100円均一のソムリエナイフも避けておいた方がいい。

スポンサーリンク


 

お値段が10倍違うソムリエナイフを徹底的に比較してみた

170105_corkscrew_2今回比較するのはソムリエナイフの大御所ラギオール・・・ではなく、2段階でコルクを引き抜くダブルアクションが特徴のプルタップス。エントリーモデルで1000円でおつりのくるライトシリーズと、その10倍の値段がするハイエンドモデルのトレドである。

ちなみに両方とも自腹で買って使っている。最初はこんなお飾りみたいな物に1万円出すなら、そのぶん高級ワインの1本でもあけた方がよっぽど良いと思っていたが、まぁ持ってみると高級ラインの質感も悪くはない。

 

まずは先端の太さと形状が違う

170105_corkscrew_3一目見てわかるのは先端の太さの違い。ライトは約8mmとちょっとスリムだが、トレドは11mmとがっしりとした造りである。

全体の長さはほぼ一緒だが、トレドの方が若干長め。これはたぶん手の大きさに対して使いやすいサイズが120mmくらいという事なんだと思う。

 

廉価版らしい割り切った造りのプルタップスライトSX300RE

170105_corkscrew_4170105_corkscrew_6ライトの方は普及品の廉価版らしく造りはかなり割り切っていて、スチールの曲げ加工でボディを作って樹脂パーツと金属パーツで構成されている。焼き付け塗装もぽってりとしていて、シンプル。とはいえこれで1000円しないのだから、機能的には必要充分。

 

ハイエンドらしいズッシリ重くて質感も高いプルタップストレドSX200TB

170105_corkscrew_5170105_corkscrew_7ライトの67gと比較してトレドは103gとズッシリと重い。この重量感がまず高級感を感じさせてくれる。

造りも鋳込みの金属パーツを磨き上げて作っているようで、ボディ本体の鋼性が明らかにライトより高い。無垢の木を削って象嵌しているあたりも手が込んでいる。全体の造りがしっかりしていて、ライトはリフィルを切るナイフがストレート刃だがトレドは少しカーブしてボトルの口の円形に当てやすくなっている。

肝心のスクリューは形状も寸法も質感もライトとほぼ変わらず。しかし、微妙に細部のディティールが違うので使っている金属がより強靭だったりするんだろう。ここら辺はしっかりしたデータがないので確証はないが、総じてトレドの方が上質な素材を使っているのは間違いない。

また、ライトは瓶口にあてるガイドが割とスムーズに動くの対してトレドは固め。これは使い込むとスムーズになるという話もちらほら聞くので、プロ仕様としてあえて固めにセッティングされているんだろう。

 

 

結局、コスパ的にはライトで充分である

170105_corkscrew_2最終的な結論として・・・質感は明らかにハイエンドモデルの方が良いとはいえ、機能として目覚ましく変わるという点はほぼないと言っていい。コスパを考えると差額9000円の価値は、単純に所有欲を満たしてくれるかどうかだけだろう。

もちろん、業務用使用で年間千本越えを空けるとなるとスクリュー部分が金属疲労で折れるらしいので、その点では9000円の差でもプロとして働くソムリエはハイエンドモデルを使うべきなんだろう。

でも、家呑みでありコルクを抜く瞬間しか用がないなら、よほど雰囲気重視で資金に余裕があるか、何かのお祝いで自分にごほうびで勢いで買うとかじゃなければ上位モデルは必要なさそうである。


必要充分な機能が揃っていて、ダブルアクションでコルクを引き抜きやすいし古酒でも折りづらい。ワイン飲み始めるならプルタップスライトを一本買えば充分だろう。


高級モデルのプルタップストレドは確かにお値段相応の上質な質感があり、かっこいい。でもその差額分で美味いワインを買った方が家呑みでは幸せになれる気がしなくはない。しかし、家呑みワイン好きへのプレゼントとしては好みに左右されるワインよりも確実に喜ばれる。

価格だけ考えれば100円均一でもソムリエナイフを売っているが、正直あまりオススメはしない。実際に最初の頃に使っていたが、ある日コルクを抜いている時にスクリューが根元からポッキリと折れてしまい、スクリューが刺さったままのコルクを抜くのに難儀した。高いワインを空ける時には保険の意味でも、せめてプルタップスライト程度の強度は欲しいところである。

ちなみにプロのソムリエに聞いたところ、だいたい1000本くらい空けるとスクリューが折れるとの事なのだが、家呑みで1000本空けるには1日1本のハイペースでも3年かかる。そうそう壊れる事もないので、迷っている人はとりあえずプルタップスライトを買っておけば安心である。

 - グッズ, ワイン , , , , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

南アフリカの7つの椅子の王様、ブーケンハーツクルーフが作るヘヴィ級シラー。ザ・チョコレート・ブロック2013

THE CHOCOLATE BLOCK 2013 / Boekenhoutskl …

まるで葡萄で作った紅茶な味わい。シェルターワイナリーのシュペートブルグンダー2012

SPATBURGUNDER 2012 shelter winery タイプ:赤- …

「私の心」と名付けられたフランス屈指の良心価格ワイン。ジャン・ルイ・シャーブのコート・デュ・ローヌ・モン・クール2013

Jean Louis Chave Selection Cote du Rhone …

ロワールの知性派ビオディナミストの思い出の味わい。ロッシュ・ヌーヴのレ・メモワール2012

Les Memoires Saumur Champigny 2012/ Roch …

“すみれ” サンタ・クリスティーナ・イン・ピッリ 2011 / アンブラ

すみれ Santa Cristina in Pilli 2011 Ambra タ …

イタリアはフリウリのビオワインの鬼才、その息子の放つエキセントリックなオレンジワイン。ラディコン・ピノグリージョ2013

RADIKON PINOGRIGIO 2013 タイプ:白-エキセントリック 抜 …

フランス有名生産者のワインはやっぱりちゃんと美味かった!ダニエル・バローのアリアンス2013

Domaine Daniel et Martine / Julien Barra …

潮の香りと土の香りが漂う土着系ピノ・ノワール。ゴーストコーナーのピノ・ノワール2013

Ghost Corner Pinot Noir 2013 タイプ:赤-スッキリエ …

ワイン界で今年一番キテいる国は南アフリカで間違いナシ!クリスタルムのピーターマックス・ピノ・ノワール2013

Peter Max Pinot Noir 2013 CRYSTALLUM タイプ …

我が魂という名のワイン、フィンカ・エゴメイ2011

FINCA EGOMEI 2011 タイプ:赤-濃厚エレガント? 抜栓日:201 …