夫婦で楽しむ、おすすめ家呑みワインブログ〜味ノート〜

ただの酔っぱらいにならない為の味見帳。

*

ところで今夜はby the way

      2016/11/06

150730-btwbtw… Sparking N.V./ Zilzie Wines
タイプ:泡-スッキリジューシー
抜栓日:2015.07.30
生産国:オーストラリア / Australia
生産地:マレーダーリング / Murray-Darling
生産者:ジルジーワインズ / Zilzie Wines
購入先:成城石井
輸入元:東京ヨーロッパ貿易
価 格:¥1,590-(税抜)
ALC:12.0%
品種名:ピノノワール、コロンバール、シャルドネ

スポンサーリンク


脳天のとろけるような暑さ続きでどうしても泡が飲みたい!でも手元には飲める泡がないよ。。。という事で駅近の成城石井へ行って買ってきたオーストラリアの泡物である。夏はやっぱり泡だよね!

ぶっちゃっけほとんど期待はせずに購入。一応は酒売場の冷蔵庫前で木箱に積まれてPOPまでつけられていたので、それなりに押したい(売りたい)ワインなんだろう。まぁ、その売りたいポイントが利率が良いからなのか、本当のオススメなのかはわからないが。

ラベルのシンプルさゆえにハズレ感も若干感じつつ、とはいえ泡物の中では手頃な価格だったのでとりあえず買ってみた。

持ち帰って冷蔵庫で数時間置いてから抜栓。シャルドネっぽい爽やかな果実の香り。泡立ちはガス足しました感満載のしっかりした泡であり、のどごしよく果実味がすーっと消えていく。

うん。まさに “ とりあえず泡 ” な気分の時にはピッタリだわ。

全体的にさわやかな果実味一辺倒であり、蜂蜜の香りが〜とかはほとんどない。シャンパーニュっぽいバターとかオイリーさとかのリッチ感もない。

甘味もコクのある甘味ではなく、いかにも糖分な感じであり、これはドサージュの時のリキュールの甘さがモロに出ているからなのか?ガムシロップ系の甘味である。

トータルして葡萄版シードルといった感じのカジュアル感のあるスパークリング。まぁ、値段的にもこんなもんだろう。特別これといったオススメポイントもないけれど、価格の安い白ワインで外れ引いて酸っぱ苦い思いをするよりは、一杯目にとりあえずシュワっとしとくのに良いんじゃない?

送料払ってまで買う必要はなさげなので、送料無料ラインに載せる為の価格調整用の1本というポジションかな。

 - オーストラリア, ワイン, , , , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

山梨の巨峰で醸す微発泡ロゼのまったりタイム。ドメーヌ・ポンコツのおやすみなさい2015

タイプ:ロゼ泡-スッキリジューシー 抜栓日:2016.04.11 生産国:日本 …

元ボルドー2級のマダムが手がける南アフリカ発ボルドーキラー。グランヴァン・ド・グレネリー2009

Glenelly Grand Vin de GlenellyRedBlend 2 …

神の雫「グラナダの夕陽」の姉妹ワイン。スペインの天才醸造家ラウル・ペレスの醸すメンシアの底力。ウルトレイア・ペトラ2011

Ultreia Petra 2011 RAUL PEREZ タイプ:赤-濃厚エレ …

年明け一本目にふさわしい貫禄の味わい。やっぱり凄腕!ブーケンハーツクルーフの7つの椅子ラベル。ステレンボッシュ・カベルネ2014

Boekenhoutskloof Stellenbosch Cabernet S …

オーストラリア発カルトワインの特濃な世界!モリードゥーカー ザ ヴァイオリニスト 2013

The Violinist Verdejo 2013 Mollydooker タ …

「私の心」と名付けられたフランス屈指の良心価格ワイン。ジャン・ルイ・シャーブのコート・デュ・ローヌ・モン・クール2013

Jean Louis Chave Selection Cote du Rhone …

海図のように広がる濃厚な味わい。アルヘイト・ヴィンヤーズのカルトロジー2013

CARTOLOGY 2013 ALHEIT VINYARD タイプ:白-濃厚エレ …

イタリアワインの帝王ガヤの万能感。カマルカンダのプロミス2014

CA’MARCANDA PROMIS 2014 タイプ:赤-濃厚エレ …

カリフォルニアの怪人が作るピノ・ノワールの完成系にして最高コスパのカリピノ!オー・ボン・クリマのイザベル2013

Au Bon Climat Pinot Noir Isabelle 2013 タ …

入手困難のラディコングラスを運良くゲット!リーデルグラスのヴィノムボルドーとの比較レビュー

家呑みワインをちゃんと楽しもうと思うならば、やはり最初にとりかかるべきはワイング …