夫婦で楽しむ、おすすめ家呑みワインブログ〜味ノート〜

ただの酔っぱらいにならない為の味見帳。

*

元ボルドー2級のマダムが手がける南アフリカ発ボルドーキラー。グランヴァン・ド・グレネリー2009

      2016/11/16

160922-glenellyredblend2009Glenelly Grand Vin de GlenellyRedBlend 2009
タイプ:赤-濃厚フルーティー
抜栓日:2016.09.22
生産国:南アフリカ / South Africa
生産地:ステレンボッシュ / Stellenbosch
生産者:グレネリー / Glenelly
購入先:マスダ
輸入元:マスダ
価 格:¥2,500-(税抜)
ALC:14.5%
品種名:シラーズ42%
カベルネ・ソーヴィニヨン40%
メルロー14%
プチ・ヴェルド4%

スポンサーリンク


ここ1〜2年は南アフリカ推しの当サイトだが、南アフリカでもピノ・ノワール&シュナン・ブラン推しなのは好みの影響である。

で、いつも淡麗では飽きるのでたまには違うのもと思って購入したのがこちら。

肩書きは元ボルドー2級シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ ラランドという名前の長〜いところのオーナーが立ち上げた所の品らしく、要するにボルドー2級のあのお味がお得に!?っていうフレーズで売られるヤツだ。

この手の宣伝文句ってあんまり頼りにならないか、むしろうさんくさくて逆に価値を下げるようにも感じるのだけれど、こいつはホンモノだった。

色はどす黒い醤油系の色味。香りも黒果実系、かすかにスパイスとチョコレート。この時点でもうあからさまにボルドーブレンドのスタイル。

味わいも骨太でどっしりとしたボルドーらしいシラカベ。カシスとベリー、うっすらスパイス、わずかにチョコ感。ミルキーさはそこまででもないが、バランスよく濃厚で骨太な味わいだ。

ある意味ではとてもバランス良くきれいにできているので突出した要素や個性は感じづらいが、ゆえに王道の味わいでもある。

さすがはマダムが作るボルドーキラー!

しかし抜栓して2日目〜3日目と香りも濃くなり味わいもまろやかになってきたので、まだ熟成の本領発揮ではなかったのかもしれない。現時点でも充分飲めるが、熟成するとどうなるのかはちょっと興味もある。

ちなみにこの味わいで価格も¥2,500-とデイリー価格。新しいヴィンテージからラベルデザインが変わるっぽいが、たまの家呑みボルドーとしては使える一本だと思う。

 - ワイン, 南アフリカ, 赤ワイン , , , , , , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

オーストラリア発カルトワインの特濃な世界!モリードゥーカー ザ ヴァイオリニスト 2013

The Violinist Verdejo 2013 Mollydooker タ …

ジャム感のある甘酸っぱさに抜けのあるスパイス感が心地良い、南アフリカのカルトシラー。ワンダリングビーストシラー2015

Wandering Beeste 2015 / Boutinot タイプ:赤-濃 …

イタリアワインの帝王ガヤの万能感。カマルカンダのプロミス2014

CA’MARCANDA PROMIS 2014 タイプ:赤-濃厚エレ …

リンクリンは白も美味いが赤も美味い!リンクリンのシュペートブルグンダー2012

Eichstetter Herrenbuck SPATBURGUNDER 201 …

情熱の国のクールドライな赤ワイン。ボデガス・ピケラスのカスティーリョ・デ・アルマンサ2008

Castillo de Almansa Selection Reserva 20 …

この夏おすすめのおかわりワイン!中庸を極めた抜群のバランス感!リンクリンのミュラー・トゥルガウ2014

Eichstetter Herrenbuck Müller Thurgau Tr …

神の雫イチオシのバカ売れ濃厚赤ワイン。シャトー・モンペラのルージュ2012

Chateau Mont Perat 2012 Rouge タイプ:赤-濃厚スモ …

潮の香りと土の香りが漂う土着系ピノ・ノワール。ゴーストコーナーのピノ・ノワール2013

Ghost Corner Pinot Noir 2013 タイプ:赤-スッキリエ …

デイリー価格の玄人好みな新大陸出汁系ピノ。ポール・クルーヴァーのエルギン産ピノ・ノワール2014

ELGIN Pinot Noir 2014 / Paul Cluver タイプ: …

家でワインを飲むなら絶対必要なソムリエナイフ(コルクスクリュー)。Pulltex-プルテックス-の高いヤツと安いヤツを比較してみた。

2017年1本目のワインを紹介する前に、ずっと温存していたワイングッズ紹介レビュ …